【関西紅葉名所】マキノ高原のメタセコイア並木にお出かけ滋賀ブログ

秋のメタセコイア並木 photo (公社)びわ湖高島観光協会

こんにちは、ちあきです。

この記事の元原稿は2021年2月、雪景色のメタセコイア並木を訪れたときに書きました。

そのうちすぐに春になってしまい投稿のタイミングをすっかり逃していましたが、紅葉の時期が近づいてきたためこの度投稿することにしました!

途中の休憩スポットや見どころもご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

マキノ高原のメタセコイア並木とは

滋賀県高島市にあるマキノ高原のメタセコイア並木に車で行ってきました。

冬ソナ効果でかなり以前から有名だったそうですが、ずっと関西に住んでいたのに疎いのか何なのか、じつはちっとも知りませんでした。

ちなみに冬ソナ効果というのは、日本で韓流ブームのきっかけとなった韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地のメタセコイア並木にとってもよく似ているとのことで大きな話題になったそうです。

数年前から友人のインスタなどで見かけるようになって、「へぇー、そんなところがあるんだ」くらいに思っていたのですが、最近いよいよ目に入る頻度が増えてきたので「よーし行ってみるべし!」と帰省中のスケジュールに組んで訪れた次第です。

マキノ高原のメタセコイア並木とは農業公園マキノピックランドを貫通する県道約2.4㎞にわたり、約500本のメタセコイアが植えられています。

春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪景色など、訪れる人々を四季折々で魅了しています。

現地までのおすすめ休憩スポット

冬のメタセコイア並木 photo (公社)びわ湖高島観光協会
冬のメタセコイア並木 photo (公社)びわ湖高島観光協会

しかし、思っていたより遠かったです。

ドライバーの負担を考えると途中休憩は必要かもです。

京都方面から出発し、実際に立ち寄った休憩場所2ヶ所をご紹介します。

それぞれ行きと帰り道に1カ所ずつ寄りました。

【行き】道の駅 藤樹の里あどがわ
道の駅 藤樹の里あどがわ公式サイト

【帰り】道の駅 妹子の郷
道の駅 妹子の郷公式サイト

藤樹の里あどがわでランチ休憩、昼食をいただきました。

おすすめは無難にうどん・そばだと思います。

はりきってチキンカツ丼にしたのですが、ソースが少なめだったのが少し物足りず。チキンカツカレーをチョイスしたメンバーも感想はあんまりだったようです。

メタセコイア並木は直前の寒波で雪が降ったせいか、土曜日だったにも関わらず現地は全くといっていいほど混んでいませんでした。

マキノピックランドの駐車場は無料でスムーズに止められました。

コロナ以前に来た人の話では外国人観光客もたくさんいたとのこと。

普段はわかりませんが観光バスもありませんでした。

そもそも紅葉の時期でもないので人が多くない時期だったのかもしれません。

でも個人的には雪景色のメタセコイア並木が見られたので大満足です。

背景の山々にも雪がかかり大変美しい景色でした。

並木道に沿ってずーっと歩いてみたくもあったのですが足元が悪いために断念し、近場を散策しました。

レストランや喫茶、お土産が買えるログハウスが点在していました。

せっかくなのでコーヒー休憩しました。甘党はジェラート休憩です。

お土産はメタセコイヤチョコレートです!(笑)

セコイヤチョコレートってなんか昔懐かしい感じがしましたが、メタセコイヤチョコレートになっていました!?

何年?何十年ぶり?に食べましたがおいしかったです。

お土産としてお値段も大変お手頃価格です。

こちらは元祖セコイヤチョコレートです。

スポンサーリンク

【道中みどころ】湖に浮かぶ朱塗りの鳥居 白髭神社

白髭神社 photo (公社)びわ湖高島観光協会
白鬚神社 photo (公社)びわ湖高島観光協会

せっかく滋賀まで行くならもっともっと楽しみたいという方におすすめパワースポットがあります。

その名も白髭(しらひげ)神社です。

びわ湖に浮かぶ鳥居を見ることができます。幻想的ですよね。

びわ湖道路沿いを走ると一瞬ですが車の中からでも見えます。

びわ湖高島観光ガイドでアクセスなどご覧いただけます。

マキノ高原メタセコイア並木へのアクセス

photo (公社)びわ湖高島観光協会
住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
最寄りインター
名神 京都東インターから西大津バイパス→湖西道路→国道161号線を北上(約80分)
北陸自動車道 木之本インターから国道8号線→国道303号線→国道161号線を南下(約30分)
駐車場:マキノピックランドを利用(無料)

高原の自然を満喫する、メタセコイア並木を写真に収める、並木道を歩いてみるなどそれぞれの楽しみ方があると思います。どうぞ素敵な時間をお過ごしください。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました