国際結婚はおもしろい?外国人夫の失笑画像&エピソード

外国人夫に思わず突っ込み!失笑画像&エピソード

Oi pessoal tudo bem? 皆さんお元気ですか?

2018年にブラジル人の夫と国際結婚しました。国際結婚の苦労やエピソードをブログ投稿しています。

外国人の夫と一緒にいると、突っ込まずにはいられない出来事が日々起こります。

今回はその一部を3つのカテゴリーに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

耳コピー編

夫は約20年間日本で生活していますが、専門の日本語教育は受けていません。

日本語はおもに日本人との会話を通して独学で覚えました。

会話中心で覚えることが多かったため、まれに、誰にも訂正されないまま脳内インプットされている言葉があります。

耳コピーで間違ったまま覚えてしまっても、文脈から会話が成立するため長年気づかれにくいようです。

「ヤクチン」←ワクチン

ワクチンの話をしていたときに違和感を感じました。会話を中断しすぐに夫に「いま何て言った?」と問いかけたところ、

ブラジル人夫:「ヤクチン。ヤクチンじゃないの?」

相当な自信があったのでしょうか。

彼の中では、「ヤク=薬(ヤク)」でつながり、ワクチンの認識だったそうです。

そう言われたらわからなくもないですが。

薬(やく)チン・・・。。

「レイゾク」←冷蔵庫

れいぞくにさばが入っている
夫の書き置き

ご覧のとおりです。

文脈からして、レイゾクとは冷蔵庫を指しているものと思われます。

この書き置きを見るまでは、一緒に生活していて彼が冷蔵庫をレイゾクと呼んでいることに私は全く気が付きませんでした。

レイゾク・・・なんか、怖い響きがします。

おそらく気づかなかったのは私だけではありません。

彼は飲食業の経験もあるため、必然的に「レイゾク」を連発していたことでしょう。

それでずっと通じていたかと思うと、逆に新たな発見です。

「ヨイチエン」←幼稚園

私:「いま何て言った?」

ブラジル人夫:「ヨイチエン。ヨイチエンじゃないの?」

のパターンです。ヨイチがいっぱいいる園に聞こえる。

ヨイチって誰かわかりませんが。

「ケンカパイ」←喧嘩っ早い

もうふざけてるのかと思われても仕方ありませんが、ふざけてはいません。

「喧嘩っ早い」より、より喧嘩っ早い感が出てますね。

それかパイの取りあいのケンカかなんか??

確かに、「早い(はやい)」の部分が、接頭語により「早い(ぱやい)」に変換されるのはレアパターンなので、覚えるのが難しいと言われたらそうかもしれません。

漢字編

漢字の「森」が逆三角形

漢字の「森」が逆三角形
漢字練習の回答

漢字練習をしましたがご覧のとおりです。

うーん、惜しい!?新しい漢字のようにも見え、ある意味新鮮な気もするようなしないような。

いや、絶対地名とか人の名前で見たことあるでしょう!!

ちなみに丸付けは私がしました。

「雨」の漢字はおまけで丸にしましたが、上が飛び出ているので少しあやしいですね。

漢字誤爆変換

誤爆変換『平面と聴覚』←平面と直角
インスタ投稿記事より

平面と聴覚って・・・何?正しくは平面と直角です。

誤爆変換はよくあります。

今は携帯で予測変換されて表示されますから便利ですよね。

ただしそれも読み仮名を正しく入力していればの話です。

どうやらちっちゃい「つ」の入力パターンが難しいようです。

スポンサーリンク

日常生活編

コーヒーフィルターをお茶パックで代用

コーヒーフィルターをお茶パックで代用
コーヒーフィルターをお茶パックで代用

うちでは朝コーヒーをいれる習慣があります。気持ちのいい一日のスタートには欠かせません。

しかし消耗品のコーヒーフィルターはついつい補充を忘れてしまうこともあります。

ある朝コーヒーフィルターがきれていたため、コーヒーをあきらめているとキッチンから「できたよー」の声がしました。

なんと夫がお茶パックをコーヒーフィルターとして代用していました。

代わりになるんだ。。

お茶パック、あまり使っていなかったので逆に使ってくれて良かったです。お茶パックがある間はコーヒーフィルターを買わずに済みました。

どんなときでも「無料」は読める

店頭やダイレクトメッセージや広告で、下記のような誘い文句がありますよね。

  • 今だけ無料!
  • 2カ月間無料!
  • 入会金無料!キャッシュバック特典
  • 無料でご案内!

漢字は苦手なはずなのに「無料」はしっかり読めるので反応します。

あとカタカナも読めるので「キャッシュバック」も反応します。

確かに無料でお得体験できることも多々ありますが、詳細を読もうとしないので本当に心配です。

「きっと条件がいろいろあるんだよ~」と言って常に目を光らせています。

無料に感動

図書館デートをしたときの話です。

夫も洋書を1冊選び、案内されるがまま貸し出しカウンターで手続きをしました。

カウンターから離れてから私の耳元にそっと一言、

「お金払わなくていいの・・・?」

こっちが無料は普通でしょ!

TSUTAYAやゲオの仲間と思っていたんでしょうか。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

新たなおもしろツッコミポイントが出てきたらまたシェアしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました