インフルエンサーが主人公のキラキラ女子旅ロードムービー

インフルエンサーが主人公のキラキラ女子旅ロードムービー

「レッツ・カーニバル!」は2021年6月にNetflix(ネットフリックス)で配信されました。

インフルエンサーの主人公と親友3人がカーニバル真っ最中のサルバドールで弾けまくる全編キラキラのロードムービーです。見どころレビューをお楽しみください。

スポンサーリンク

あらすじ

「レッツ・カーニバル!」公式予告編 Netflix Brazil

「レッツ・カーニバル!」の原題はポルトガル語で「Carnaval(カルナバル)」、カーニバルを意味しています。

インフルエンサーのニナを主人公としてSNSと友情をテーマにした映画です。

彼氏と破局して傷心のニナは、コネを通じて招待されたカーニバルに親友3人を連れて乗り込みます。

自分よりさらに有名なインフルエンサーに近づきたい、有名インフルエンサーに便乗して自分のフォロワーも増やしたい、そう考えるニナは、純粋に女子旅を楽しみたい3人とほんの少しずつズレが生じてきます。

美しい街サルバドールを舞台に、ビーチに音楽、パーティにめいっぱいのドレスアップ、さらにカーニバルの熱気も加わりもはや映画自体がお祭り状態です。

SNSがテーマ。インフルエンサーのリアル

個性的な4人組が主役という点ではアメリカの人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」と共通しています。こちらはまだ若いですがノリでいえばほぼ同じ。全編楽しい気分で観られます。

インフルエンサーが主人公だけあって、SNSがテーマです。

動画の拡散や、拡散動画によって見ず知らずの他人が自分のプライベートを知っている居心地の悪さも表現されています。

ニナの元カレも、投稿では素敵な彼氏に見えたのに、ニナに追求されてる姿はたいしてカッコよく見えないのもSNSならでは?と感じました。

旅先のサルバドールにて、ニナは有名インフルエンサーにまとわりつくわ、投稿用の写真ばかり気にするわで、旅を楽しんでいる親友たちとは少しずつズレが生じてきます。

ニナはこの旅を、有名インフルエンサーの仲間入りを果たすまたとないチャンスと考えていました。

彼女の気持ちもわからなくはありませんが、観ている側はどちらかというと友人目線になりました。友人そっちのけで、インスタグラムで自分が他人にどう映るかばかり気にしている様子はいささか滑稽にも映ります。

インフルエンサーはあくまでもその人自体が主体で、それにファンやフォロワーが賛同して「いいね」やコメントが付いたり、さらにフォロワーが増えるものです。

そのはずが、より多くの「いいね」やコメントが付くような投稿をすることが目的となったら本末転倒では?大衆受けすることだけが目的のビジネスモデルと同等になってしまいます。

スポンサーリンク

ケンカ勃発!?「いいね」VS友情

サルバドールの美しい街並み ブラジル
映画の舞台サルバドール ブラジル

「いいね」VS友情。なんという見出し・・・。

そんなの友情に決まってるでしょ、と普通は思いますが、ニナを応援していた3人もさすがにニナの勝手なふるまいや言動に、徐々にフラストレーションがたまっていきます。

彼女も彼女で自分が声をかけて誘ったはずの女友達を、自分の足を引っぱるお荷物のように感じてきます。

友達がお荷物、、彼女たちをはたから見ていて全然そんなことはないんですけどね。

ニナがインフルエンサーとしての自分の見え方にこだわり過ぎ、友人らが意見する場面にはさすがに同調しました。

とはいえ、カーニバルの楽しいお話なので安心して観られます。

映画の舞台であるサルバドールは海を囲む人気の観光地です。

ポルトガル統治時代の歴史的建造物が並び大変美しい街です。音楽やアートも盛んで、映画ではサルバドールもカーニバルに並ぶ楽しい見どころの一つです。

「レッツ・カーニバル!」観る方法

(2021年6月時点)
「レッツ・カーニバル!」の視聴はNetflixの加入が必要です。

うちは月々1,490円の高画質定額見放題のコースを契約していますが、新作等の追加料金は一切かかりません。

台数の制限はありますが複数の端末での同時視聴も可能です。また一部作品を除きダウンロードが可能なため、事前ダウンロードしておくとwi-fi環境がない場所でも番組を楽しめます。

各国の作品をオリジナルの言語で視聴することも可能なため、勉強中の言語にもっと触れたいという方には大変重宝すると思います。

サクッと観れるブラジルのコメディはこちら☆

ブラジルのロマンチックコメディ「リッチな僕が恋したら」
Netflix配信中のブラジル映画リッチな僕が恋したら(2020年)の作品紹介です。ロマンチックコメディなので気分転換などに気軽に観られる1本です。金持ちチャラ男の成長物語と思いきや、ブラジルの貧富の格差にも触れていて意外性がありました。
タイトルとURLをコピーしました