コスパ重視!ブラジル土産のお菓子

コスパ重視!ブラジル土産のお菓子

Oi pessoal tudo bem? みなさんお元気ですか?

今回はブラジル土産におすすめ、コスパ重視のお菓子をご紹介します。

これからブラジルに行かれる方は、よろしければご参考にしてください!

と、言いたいところですが、ブラジルに行く人ってそうそう周りにあまりいないですよね。

私の元々の知り合いで、過去にブラジルを訪れたことがある人は、リオオリンピックの応援に行った後輩1人・・・1人。

できれば多くの方に記事を読んでいただきたいため、自ら読者の方の層を絞るようなことはやめようと思います。

もとい、

「コスパ重視!日本でも買えるブラジル土産のお菓子」としてご紹介したいと思います。

ブラジルに興味のある方や、海外のお菓子に興味がある方にも楽しんでいただければ幸いです!

スポンサーリンク

ピーナツ菓子『パソキッタ』

ピーナツ菓子『パソキッタ』

パソキッタを始めて教えてくれたのはブラジル人の夫です。

ブラジル食材店 (in日本)のレジ横に置いてありました。

彼にとっては子ども時代から馴染みのお菓子のようで、買い物のついでに買ってみました。

ちなみに、レジの日系ブラジル人のお姉さんは「口の中の水分が奪われる感じよ(笑)」と日本語で教えてくれました。

たしかに!

口の中の水分が奪われる感じは否めません。

ピーナッツの風味とホロホロとした食感が特徴で、甘すぎず、むしろ塩味が甘みを引き出しているような味でした。塩スイーツってこんな感じ?

ピーナッツの粒々の食感も楽しめます。

おすすめの理由

以下は、私が独断でピックアップしたパソキッタをブラジル土産おすすめのお菓子に認定した理由です。

  • コスパ重視:50個入り2,000円以内(日本で買う場合)
  • 個包装:海外土産で個包装を探すのは至難の業!
  • 原材料名:ピーナッツ、砂糖、食塩。

コスパ重視の根拠

日本でネット購入する場合は、お店によって若干変わりますが、送料別で1kg1,900円台から販売されています。(2020年3月時点)

1個が20gなので1kgだと50個入りになります。

50個もいらん・・・という方は、もちろんもっと少ない個数で数百円台から販売されています。

ブラジルではもっと安く購入できます。半額??

いやそんな安くはなかったかな。

すみません、忘れてしまいました。

配りやすい個包装

海外旅行のお土産で個包装のお土産を探すのは至難の業、とは私の経験からの結論です!

仕事をしているときに休暇で海外に行った際は、その都度職場にお土産を持参していました。

例外もありましたが、お土産はできる限り個包装のお菓子を探すようにしていました。

まず個包装でなければ一人一人に配れません。

個包装だと衛生的ですし、もし受け取った側が海外のお菓子が苦手でも、そのまま他の方に譲れます。

日本だとすぐ見つかるものですが、海外で個包装ってなかなか見つかりません。

必死に探していると、そんなものを求めているのは日本人の私だけではないかとも思えてきます。

その点パソキッタは個包装でとても助かりました。

シンプルな原材料

シンプルな原材料
原材料表示
消費期限記載箇所
賞味期限も側面に明記

写真は、日本のブラジル食材店で購入した商品です。

ご覧のとおり、原材料はピーナッツ、砂糖、食塩です。

外国のものは何が入っているかわからない、不安な方もいるかもしれませんが、少なくとも明確であれば判断材料にはなるかと思います。

賞味期限もきちんと記載されています。

実際助かりました!

初めてブラジルを訪れた際には、職場や友人へのお土産として現地スーパーで購入しました。

実際、個包装なのでとても助かりました。

また、ブラジルでは1kg単位ではなく、500gのプラスチックケースに入ったものをいくつか購入しました。

行きも帰りもスーツケースの重量制限があるため、ある程度の目安になりました。

こっちのスーツケースは2パック入れたから1kg増か、といった感じです。

逆に減らすときは、これを1パック減らすと500g減になる、という目安になりました。

ブラジル旅行を考えている方は、お土産に悩んだらパソキッタをおすすめします。

お土産選びに頭を悩ます時間、現地の満喫にあてられたらうれしいですね。

ピーナッツのお菓子、海外のお菓子に興味がある方は、一度取り寄せてみてはいかがでしょうか。

ネット購入以外では、ブラジル食材店や南米食材を扱うお店で買うことができると思います。

関連記事:『ココナッツぎっしり!日本でも買えるブラジルのおすすめお菓子』

タイトルとURLをコピーしました