空飛ぶ宮殿!?エミレーツ航空で行くブラジル

Oi pessoal tudo bem? 

みなさんご存知のとおり、ブラジルは南半球にあり日本から見て地球の反対側に位置しています。

時差はちょうど12時間です。

さすがに地球を半周する長距離なので、乗り継ぎが必要です。

アメリカ経由やドバイ経由がありますが、今回はドバイ経由の行き方をご紹介します。

ちなみに私はドバイ経由で行くことを強くおすすめしています。

なぜか、その理由はエミレーツ航空が素敵過ぎるからです!!

みなさんが気になるであろう価格や所要時間などもすべてお伝えしていこうと思います。

ちなみに、ブラジルは2019年6月から観光のビザなし渡航が解禁になりました。

ビザなし渡航はこちらの記事でご紹介しています。よろしければ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

エミレーツ航空とは

エミレーツ航空とは
ドバイ国際空港にて

エミレーツ航空はアラブ首長国連邦のドバイを本拠地とする航空会社です。

1985年に創業し、現在は世界155以上の都市に就航しています。

2階建て大型機A380は豪華な設備から「空飛ぶ宮殿」とも称されています。

宮殿と称されるほどの豪華な設備はアッパークラス向けとは知りつつも、エコノミーでこれまでにない十分に優雅な雰囲気を味わうことができました。

エミレーツを知ったきっかけ

そもそも、私はヨーロッパやハワイなど海外は定期的に訪れていましたが、エミレーツ航空のことはじつはほとんど知りませんでした。

ブラジル人夫は里帰りの際は必ずエミレーツを使っていて、かなりのエミレーツ押しでした。

結婚後初めて一緒にブラジルに行くことになったのですが、ブラジルの行き方は全然知らなかったためチケットの手配などは完全におまかせでした。

エミレーツについて目を輝かせて説明されるも、私にはその良さがいまいちわからず。

彼のエミレーツ押しは搭乗してすぐに理解できました!

ブラジルまでのフライト詳細情報

エミレーツ航空で行くブラジルは、ドバイ乗り継ぎです。

私たちは成田サンパウロ間でチケットを購入しました。

航空券の価格

大人1人往復 約15万円(燃料費込み) 2018年12月時点

荷物制限

預け荷物

1名につき2個まで預けられます。

重さ:1個につき23Kgまでです。ただし予告なしに変更される場合がありますので必ずご確認ください。

サイズ:3辺(高さ・幅・奥行き)の合計150㎝以下 高さ制限75㎝

機内持ち込み手荷物

1名につきスーツケース1個まで持ち込めます。

重さ:1個につき7Kgまでです。ただし「気を付けて!ブラジル国内線はわずか5kg」という注意書きが添えてありました。

サイズ:3辺(高さ・幅・奥行き)の合計113㎝以下

重量またはサイズを超えた場合、超過手荷物が請求されることが明記されています。

くれぐれもご注意ください。

座席指定の方法

座席指定は自分で行うタイプの航空券でした。

エミレーツに確認したところ、フライトの48時間以内から無料で座席指定できるとのことでした。

専用サイトにインターネットでログインして指定を完了しました。

フライト時間

行き(成田空港→サンパウロ空港)
成田-ドバイ間 11時間55分
ドバイ空港乗り継ぎ 3時間5分
ドバイ-サンパウロ間 15時間15分
合計 30時間15分

帰り(サンパウロ空港→成田空港)
サンパウロ-ドバイ間 14時間15分
ドバイ乗り継ぎ 5時間15分
ドバイ-成田間 9時間25分
合計 28時間55分

エコノミーでの満足感

最初にお話ししたとおり、エコノミーでもこれまで経験したことのない満足感を味わうことができました。

エミレーツ公式ホームページには、「アップグレードと比べても遜色(そんしょく)ないエコノミークラスです」と紹介されていますが、まさにその通り!

これまで日本の航空会社が一番と信じて疑わなかった自分の見聞の狭さよ…

あ、でも日本の航空会社は、家族旅行の思い出があるので色あせることはありません。

大満足の理由は大体こんな感じです。

  • 高級感ある内装
  • 機内サービス
  • 機内グッズ
  • CAの制服が素敵
  • 機内食もおいしい

高級感ある内装

機内天井の様子
機内天井の様子
機内の窓
機内の窓

天井と窓の様子です。

エコノミーなのでゴージャスとまではいきませんがリラックスできる雰囲気です。

窓枠は木目調で温かみがあります。

お手洗いも同じように素敵でした。

機内サービス

 機内サービス
機内グッズ

また乗客1人1人に機内グッズが配られます。

カラフルなケースの中には、アイマスク、靴下、耳栓、歯ブラシなどが入っています。

普通にケースがかわいい♡

オレンジ、緑、ブルーの3色がありました。

CAの制服が素敵

女性CAさんの帽子が特徴的です。

異国情緒漂いますね。

実際はもっと素敵です。

ドバイ空港のエミレーツショップでは、CAさんのコスプレが販売されていました。

しかし、残念ながらお子さま用です。

機内食もおいしい

機内食もおいしい
機内食

写真はドバイ-サンパウロ間の食事です。

メインもデザートも大満足でした!

しかし、帰りの日本行きのフライトは微妙だったかも。

日本食を求めてなかったのですが、日本食っぽいメニューだったせいかもしれません。

アイマスクも耳栓もそろっているので、自分で用意したのはマスクと着圧ソックスくらいですね。

着圧ソックスは長距離フライトのむくみ防止のために必需品です。

私は、ひざ下でつま先が出ているタイプのメディキュットを愛用しています。

それではみなさんよい旅を!

    Boa viagem!

ブラジル
スポンサーリンク
Meu Amor|メウアモール
タイトルとURLをコピーしました